マルカッサンは名古屋市守山区のパティスリー(ケーキ・洋菓子店)です。ショートケーキやシュークリームなどはもちろん、焼き菓子やギフト、バースデーケーキなども多数ご用意しております。

店舗紹介

  • HOME »
  • 店舗紹介

今までありがとうございました。そして、はじめまして。マルカッサンです。

守山区で長年ご愛顧いただきましたウエンディ洋菓子店は、2代目として息子の稲井充志(いないたかし)があとを継ぎ新しく生まれ変わりました。
私の干支がイノシシである事と”前向きに一生懸命走る”という意味をこめて店名を新たにMarcassin(マルカッサン・フランス語で”うり坊”)とし、一生懸命美味しいお菓子を作りたいと思います。
ウエンディ洋菓子店の精神はしっかり引き継ぎ、更にたくさんのお客様に喜んで頂けるよう頑張ります。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

マルカッサンのこだわり

東京の有名洋菓子店や大手企業の商品開発で約17年間勉強させて頂いた知識や技術を生かし、良質な食材を使いリーズナブルでおいしいデザートをお客様に食べて頂く事を目標に素材や製法を1つ1つ吟味し馴染みのあるお菓子がよりグレードアップした味わいになるよう心がけています。

素材へのこだわり
【生クリーム】
生洋菓子の基本となる生クリームは添加物、安定剤はもちろん植物性油脂も一切使用していない国産の純乳脂のクリームを使用しています。
15種類以上の生クリームの中から何度も試食とブレンドを行い選定した、すっきりとした味わいと豊かな乳風味が特徴のカルピス社製の生クリーム2種と、北海道“道東産”のミルク感とコクのある生クリームをブレンドし、シンプルにクリームの風味を感じて頂けるようグラニュー糖のみで作っています。
毎日必要な分だけ生クリーム専用の機械で泡立て、できる限り新鮮で状態の良いものを食べて頂けるよう心がけています。

【発酵バター】
焼き菓子の基本となるバターは全て“発酵バター”を使用しています。あまりなじみが無いかも知れませんが、発酵バターはバターの原料であるクリームに乳酸菌を加えて作る特殊なバターで、通常の無塩バターに比べ香り高く、ほのかにヨーグルトのような爽やかですっきりとした風味があるのが特徴です。

【チョコレート】
洋菓子店の必須アイテムのチョコレートは香り高く最高級チョコレートの1つとして知られるフランス“バローナ社”のチョコレートを中心に、お客様に馴染みの深いガーナ産のカカオをベースとしたショコラなど用途に合わせ5種類のチョコレートを使い分けています。ほんのりとキャラメルの風味が漂うミルクチョコ“キャラメリア”やフルーツと相性抜群の“マンジャリ”など個人的にはお勧めです。

【その他】
糖類は用途に合わせ7種類、粉類は5種類、フルーツは毎日早朝に配達してもらい、できる限り新鮮なものを提供できるよう心がけています。
杏仁豆腐は、“北杏 南杏”と呼ばれる2種類の種を特別に取り寄せお作りしています。
他の杏仁豆腐とは違う、香り豊かな優しい風味とつるんとした食感が特徴です。

様々なこだわりケーキをできたてで!
生商品は、ショートケーキ等、馴染みの深いものからフレッシュフルーツを使ったパイやゼリー、何種類もの味が重なる少し複雑な構成のお菓子など、幅広くご用意しています。
1番人気は、職人がじっくりと炊き込んだカスタードクリームと特製生クリームを合わせた“ディプロマットクリーム”をザクっとしたクロッカン生地のシューにたっぷり詰めた、クロッカンシューです。しっとり、ふんわりと湯煎焼した生地に生クリームとカスタードクリームを巻き込んだ“マルカロール”や人気の高い“marcaプリン”もお勧めです。

焼き菓子は他店との違いが出るよう、少し特徴のある味わいのものをご用意しています。
発酵バターとドライフルーツや、イタリア産のマロングラッセを使用した3種類のパウンドーケーキは特におすすめです。

パティスリーマルカッサンでは、できる限り作りたての物を食べて頂けるよう、こまめに少量づつお作りしております為夕方には品切れになる商品もございます、お昼前後の早目のお時間にご来店いただけるとよりたくさんの種類の中からお選びになれると思います。

お店に来て頂いたお客様に喜んで頂けるようお待ちしております。是非一度お試しください。

稲井 充志(いないたかし)
1971年生まれ、いのしし年。東京『麻布ラ・ピラミッド』『セ・ジュール洋菓子店』等で約7年間修行後、なめらかプリンの『パステル』で10年間商品開発を担当、後半の4年間はデザート商品開発の責任者として全国120店舗で販売する全デザートの開発を担当。